2017/11/4 サゴシ 庄川河口付近



スポンサーリンク

f:id:koumao:20171104091846j:plain
今日は昨日につづき、参戦。

狙いはヒラメ!だったのですが、釣れたのはサゴシ。

雨がぱらつき、波もあり、海は緑がかっていて、濁りあり。

ひとまず、スロー系のジグで探るもあたりなし。こういう日はそういえば、キラキラのジグより、黒目のやつのほうが目立つんジャなかったっけ?!と思い出し、黒目のジグに変更。



波が、高かったので着底後スローリトリーブでただ巻き。


10m手前ぐらいでヒット!

もぐられ、泳がれあーこれしんどい系だとあせる。

テトラの隙間にもぐられプッツン。


、、、


あージグが、、、


この引きは青物か黒鯛ぽい。いるぞ!

と、残り僅かなジグパラを使い同じ底付近のただ巻きを繰り返し、またヒット!

今度こそは!と、上がってきたのがサゴシ!おーついにこのシーズンが来たかと頑張って引き上げる。

すぐに占めてクーラーボックスへ。


つづいて、また投げフォール中にヒット!しかし、フッキングがあまかったようめバラす。

ヒラメつりかたっですがね 笑


やっぱり青物の引きはすごいですわ。



今日の教訓。

  • 雨、波が高くても青物は釣れる。特にボトムが良い。たぶん海面と違って穏やかだから
  • 濁りが強く、曇、雨の日は、暗めのジグを使う。キラキラのしたのは太陽がてってないとギラつかないから。海の中は暗いわけではないので明るめのルアー(銀、緑、黄色)だと海の色と一体化していまい見えにくい。黒いルアーだと影みたいに見えるので目立ちやすい。
  • テトラ帯の場合は、沖で疲れさせるか、手早く引き上げないと、テトラでラインを切られる。
  • 今リーダーを3.0号でやってるけど、不十分みたいなので、5か6にしてみる